化粧品にもトライアルセットがあるってご存知でしたか?

基礎化粧品、何を使っていいのかわからないという方は結構多いのではないですか。
私もその一人でした。

最近肌のハリがなくなってきたように思え基礎化粧品を変えてみました。
夏用のさっぱり系から秋冬用のしっとり系です。
私の肌の質なのか化粧品の選び方が悪いのか何を使っても毛穴が目だってしまいます。
高いプライマーも使ってみましたが最初はきれいに隠れてファンデーションのノリもいいですが
時間が経つにつれて毛穴に入り込んでいるように見えます。

なのでコンシーラー、クッションファン、パウダーで2重3重にしています。
基礎化粧品を変えても変えなくても季節関係ないです。
乾燥肌ではないのであまりベタベタ塗るのは嫌なのでブースター、スキン、エッセンス、ローション、時々ほうれい線、目元に専用のクリームを塗っています。でもあまり効果がないように感じます。

有名な会社のサンプルセットを試してみようかと考えていますが使い続けないとダメだ、と聞いたことがあり悩みます。
年齢もいい年なのでそれなりのものが良いとは聞きますけどあまりお金をかけないたくないです。
いろいろ考える事が多かったです。

年齢とともに肌の機能が低下

透明感のあるしなやかで瑞々しい肌は潤いが十分にあってこそのものです。
理想的な肌とは、角質細胞に十分水分が蓄えられている肌です。
この角質細胞の水分維持に必要不可欠なものがNMF(ナチュラルモイスチャライジングファクター)という天然保湿因子です。

その主成分のアミノ酸が年齢を重ねるとともに減っていくため、角質層内に水分を蓄えることが困難になります。
また肌のターンオーバーのサイクルが乱れることで角質層は厚く、硬くなります。
年齢とともに肌の表面がくすんだりカサつくのもこのためです。

さらに肌の内側では女性ホルモンのエストロゲンや角質層のコラーゲン、エラスチンなども加齢によって減っていきます。
肌の機能そのものが衰えるためどうしても潤いを保つことができなくなります。
秋から冬にかけては湿度が低下するのでますます肌の水分が失われます。
外側からきちんと潤いを与えなければ、しわやたるみごわつきなど様々な肌トラブルを引き起こすことになります。

顔だけでなく全身に年齢肌を感じます。
20代後半からは、若い頃には想像もできなかったような肌の悩みをかかえるようになりました。
いわゆる、年齢肌というものなのでしょう。顔だけでなく、全身にそれを感じています。

まず、第一に乾燥肌。
夏でも洗顔後のつっぱりを感じます。常に肌に水分が足りてない感じがしてしまいます。
20代前半まではさっぱりする洗顔料でなくてはイヤでしたが、今ではしっとりタイプを選んでいます。
もちろん、夏でもスキンケアの最後にはクリームで保湿します。
手足も塗らないと乾燥してかゆくなるので、クリームは欠かせません。
若い頃はクリームなんてべたつくからつけることはなかったのになあ、と思います。

冬になるとさらにそれが悪化します。
特にひどい乾燥を感じるのは、足のかかとです。ひび割れて靴下に血が滲んだこともあります。
これが歩くとかなり痛いのです。なので、冬は顔も含め、全身にベビーオイルをなじませます。

そして、年齢肌をより感じさせるのが、シミ・そばかすです。
特に30代を過ぎると、途端にシミが消えなくなるものです。
顔だけでなく、手足のやけどや虫刺されあとのシミも消えません。
まだ小さい我が子の傷や虫刺されがあっという間に1日で消え去るのを見ると、ますます年齢肌を痛感します。

最近何だか疲れてみえるみたいで・・・
最近、自分ではそう感じていないのですが『何か疲れてる?』と言われる事が増えました。
なぜでしょうか。もともと口角が下がっていて、不機嫌そうに見える顔ではあったのですが・・・・
ふと、鏡を見てみると・・・あれ、こんな顔だったっけ?と思いました。

まずは『目の下のたるみ』がすごく目立って。クマが出来ているわけではないのに
クマが出来ているように見えて、暗い顔にみえました。
とある雑誌で読んだのですが、人間の顔は、斜め上から見た顔が10年後、斜め下から見た顔が10年前の顔なんですって。確かに上から見ると、目の下のたるみが目立って
老けた印象に!!!目の周りの皮膚はとっても薄くて繊細ってわかっていたのに、ついついクレンジングの時に、ごしごしやってしまったツケでしょうか。

皮膚に負担がかかって、たるんでしまったのかもしれません。今日からは、優しく優しくケアしようと心に決めました。
あとは、アイクリームというものを初めて買ってみました。
早速今夜から使ってみるつもりです。もちろん、優しく優しく。。。

産後頼れるスキンケア化粧品

私は出産してから赤ちゃんのことでいっぱいいっぱいで、自分のことは常に後回し状態になっていました。
産後2ヶ月を過ぎたあたりから、頬に赤い吹き出物ができやすくなり、カサカサした肌にもなってきてさすがに自分のことを何でも後回しにするのは良くないなと思って、スキンケアをまたするようにしました。

でも、産後の肌には今まで使用していた化粧品だと合わなくなっていて、良い肌の状態になかなか戻りませんでした。
そこで妊娠中によく利用していたサイトからスキンケアのトライアル化粧品を購入してみました。
すると、カサカサ肌がしっとりして潤いが戻ってくるのが分かりました。

化粧水をしっかりつけてから、シミケアもしてクリームで肌に蓋をして保湿していくこと1週間、カサついていた肌は今では改善されて、吹き出物もだいぶ減ってきました。

初めて使う化粧品は、通常サイズを購入してしまうと肌に合わなかったときもったいない思いをするので、私は必ず化粧品のトライアルセットから始めるようにしています。
今回の化粧品はどれも私の肌にピッタリだったので、これから通常サイズを購入しようと思っているところです。

肌の黒ずみ諦めない!

30代主婦です。出産後から中々肌ケア出来ずに日々過ごしていました。
ある日、友人や家族からシミ、そばかすや黒ずみを指摘されました。
日々の忙しさに鏡をよく見ていなかったようで、気にしてみると本当に知らぬ間に肌が荒れていました。

子供たちが小さく日々の忙しさは変わらないので肌ケアする時間をどこかで入れていかなければいけません。
そこで、入浴時間を有効活用しようと思いました。
肌が黒ずむ原因は肌の古い角質がそのままになり、ターンオーバー出来ていないからでした。
ターンオーバーが出来ていないと、シミやシワ、肌荒れも引き起こすので、ピーリングを始めました。

毎日では肌をいじめてしまい、必要な脂分も取ってしまうので週3回を目安にしました。
ピーリングの効果は絶大で肌のざらつきや黒ずみが少しずつ薄くなり、キメも整いピーリングをしなかった肌質とはまるで違います。
ピーリング後には化粧水が効率よく吸収する様にパックを使い、入浴後すぐにワンタッチで装着。
子供がいても、全く苦労せずに時間を有効活用して美肌ケア出来ています。ピーリングとパックは最強です。

私は基本的にコスメはオーガニックコスメを使うということ多いです。
特に顔に塗る面積が広いもの、ファンデーションとチークは必ずオーガニックコスメです。
こだわるにはもちろん理由があります。それは肌がとても弱いという理由です。

私は人と比べると本当に刺激に弱いみたいで、目ぼしいブランドのファンデーションはほとんど試したのですが、すべてが合いませんでした。
どれも吹き出物が出てしまったのです。これにはショックを受けました。
だって、その中には敏感肌用のファンデーションもあったからです。
「私はメイクをできないのかな」と落ち込みました。

そんな中、藁にもすがる思いで使い始めたのがオーガニックコスメでした。
オーガニックコスメだからといって絶対合うわけではありません。
中には吹き出物が出てしまうものもありました。しかし、その中で色々試し、結果的に合うオーガニックコスメを見つけました。

それ以来、ずっとオーガニックコスメを使っています。なかなか良いコスメが見つからない方はぜひ、オーガニックコスメを使ってみてください。きっと手放せなくなりますよ。

スキンケア化粧品は美容液を優先でお金をかける

そんなとき、あなたならどうしますか?答えは、ピンポイントで高性能な商品にお金を使う事です。
それは、ここでいうと美容液にあたります。
クレンジングはメイクを残さず落とすこと、洗顔フォームは皮脂汚れなどを落とすことが役割です。

次に、化粧水。
これはキレイにしたお肌に水分を補給し、これからお肌によい成分をなじませるためのいわば土台のようなものです。
と、すれば化粧水は保水できるものであればよいということになります。
重要なのは、潤ったお肌に浸透させる「美容液」。この栄養がお肌の餌になるわけです。
毎日のスキンケア、ピンポイントでお金をかけるときにはぜひ、美容液にチカラを入れてみてください。

プチプラコスメでお肌ケア♪

高価な化粧品を買っても肌に合わなければ意味がありません。
その場合はトライアルセットがあれば、トライヤルセットの購入を上記ではオススメしました。
しかしプチプラ化粧品だって捨てたものではありません。

もともと乾燥肌だった私。
しかも乾燥肌の人は年をとるにつれ、小じわができるのが早いらしいし、悩みは尽きません。
でも、そうそう高級コスメにお金をかけてもいられないし・・・
そんなわけで、プチプラコスメでこの乾燥肌対策を始めることにしました。

まず試してみたのは精製水。これは薬局で安く手に入ります。
洗顔はまずこれだけ。乾燥肌には洗いすぎは禁物です。
水道水の代わりに精製水であらってみるとお肌もちもち!これは不思議です。カルキが入っていない水というだけでこんなに違うんでしょうか。

その後、ロングセラーの美容品、馬油を使います。
これは最近外国人観光客にも人気で品薄ですが、頑張って探しましょう。
油分なので、化粧水の後に使うのかな?と思っていましたが、馬油には毛穴を開かせる効果もあるので、化粧水の前に使うのが私には合っていました。洗顔の直後に塗ることで、乾燥を防げます。

そして化粧水には、ハトムギ化粧水を使います。
これもドラッグストアでリーズナブルに手に入るアイテムです。
その後、青缶のニベアでお肌に水分を閉じ込めます。
これを続けた結果、一週間くらいで、お肌がしっとり、ハリが出てくるようになってきた気がします。
スキンケアはコスパがよくないと、長く続けられないですよね。これからもこの方法で乾燥肌対策を続けます!

定番から脱却!アイシャドーの練習を始めました

毎日化粧するようになって10年も経つと大きな失敗をすることもなくなるのですが、新しいメイクに挑戦しようという気力もなくなってしまい、もはや完全に朝の作業の一部になっているなーという今日この頃。

CМや雑誌できれいな色のアイシャドーは頻繁に見かけますが、私の顔に果たして合うのだろうか…と考えているうちにめんどくさくなってしまい、結局気づくといつものブラウン系シャドーで済ませてしまっていました。

でも久しぶりに友人の結婚式に参加することになり、
せっかくだからパーティー系のきれいなアイシャドーを使ってみようではないかと決意。
若いころに買っては放置していたカラー系シャドーを引っ張り出して、休日のたびに練習するようにしてみました。
見慣れていないせいなのか違和感がすごかったのですが、それでも練習を重ねると、まあそれなりの仕上がりになるものですね。
これも年の功なのかな…。
目標としては結婚式で華やかだけど上品なカラーメイク。
自分に似合う色もなんとかつかめてきたので、結婚式までには完成度マックスにもっていけるよう頑張りたいです。

昭和顔にメリハリをつけるために必要な化粧品

私の肌は敏感肌と乾燥肌で少々厄介なので、基礎化粧品からベースメイクだけは敏感肌用化粧品で、メイクアップコスメは必ず一度美容部員さんからメイクしてもらい、翌日まで様子をみて腫れたりかぶれがない場合だけ購入しています。
トライアルセットやサンプル品があると、とっても有難いです。

以前はそのような理由からコーセーでばかり買っていたのですが、他の化粧品が気になりはじめ、まず試したのはアットコスメを参考に無印良品の敏感肌シリーズの基礎化粧品です。
次に試したのが、カネボウコフレドールのアイシャドウです。
発色のキレイさに驚き新色が出る度に買っています。

コフレドールは、チークの発色のキレイさにつられ単色のカラーブラッシュとスマイルアップチークスも三色購入。
肌にスーッと馴染む感じがとても好きです。
アイブロウは、かなりいろいろ試してみましたが、資生堂マキアージュのアイブロウは汗に強くて、夏でも一日中心配いらないので5年以上リピートしています。
メイクをするのが好きなので、サイトなどを参考にしながら心地良いメイク用品を探すのが楽しいです。